一般歯科・小児歯科

いつも、その患者さんにとって、一番良い方法を。

治療回数はできるだけ少なく

同じ治療を受けるなら、できるだけ通院回数は減らしたいものです。当院は、患者さんの時間的な負担を軽減するためにも、できるだけ少ない回数でしっかりと治療を完了させるようにしています。そのための方法の一つが、歯を削った後に白いプラスチックの素材(レジン)を詰める処置です。金属製の詰め物を製作する場合は、型を取って後日できあがったものを取り付けるために、後日またお越し頂く必要がありますが、レジンは柔らかい素材を詰めて固めるため、削ったその日に治療を完了させることができます。

将来の歯の状態まで見据えた虫歯治療

レジンを使うメリットは他にもあります。虫歯治療をしたところは、どうしても少し隙間ができてしまうことがあり、そこから菌が侵入して虫歯が再発してしまうのです(二次カリエスと言います)。そのとき、レジンなら光が透過するため初期段階で発見しやすく、すぐに処置をすることができます。また、金属のようにレントゲンを使った虫歯診断の妨げにはなることはありません。さらに、当院は健康な歯を削り過ぎない「ミニマルインターベンション(MI)」の考え方に基づいて治療をしており、患者さん自身の歯はできるだけ残すようにしています。

デメリットまでしっかり説明

どの治療方法にも、メリットとデメリットがあるため、患者さんにきちんと説明をして、納得頂いた上で治療を進めていくようにしています。また、同じ治療方法でも患者さんのお口の状態や好みによって最適かどうかは変わりますので、よくお話をしながら治療選択肢を説明させて頂きます。

お子さんが「歯医者さん嫌い」にならないように

小さい頃に、歯医者さんのことが嫌いになってしまうと、成人してからも治療や予防メンテナンスに行かないため、結果的に虫歯や歯周病を放置してしまうことになります。そして、歯の寿命が短くなり、早期に入れ歯が必要になってしまうこともあります。そのため、当院では、小さなお子さんにはまず慣れて頂き、自分から治療を受けられるようになるまでは、虫歯の進行を止めるお薬などを使いながら根気強く診療を続けていくようにしています。おかげ様で、当院に来られているお子さんの中には、「お医者さんには行きたくないけど歯医者さんなら行く」という子もおり、大変嬉しく思っています。

お子さんに合った予防方法を

まずはしっかりと歯磨きができるようになることが重要ですが、必要に応じて歯を丈夫にするためのフッ素塗布や、奥歯の溝を埋めて虫歯になりにくくするシーラントも実施しています。ただし、全てのお子さんに一律にお勧めしているわけではなく、その子のブラッシングの状況や虫歯のできやすさなどを考慮して、最適な方法を提示させて頂くようにしています。

唾液検査してみませんか?

当院では、オーラルテスターと呼ばれる唾液の検査を実施しています。虫歯になりやすいかどうかは体質によるところも大きく、特に唾液の働きの強さは虫歯のなりやすさに強く関与しています。まずは自分が虫歯になりやすいかどうかを知り、体質に合った予防をしていくことが重要です。気になる方は、ぜひお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

診療予約 一般歯科 小児歯科 歯周病治療 予防歯科
審美歯科 矯正歯科
インプラント 入れ歯 口腔外科 顎関節症
インターネット診療予約