インプラント・入れ歯

快適に噛める歯を、取り戻しませんか。

歯を失ってしまった方へ

できればご自身の歯の健康を維持して頂くのが一番で、当院もそれを目指した治療を行っています。しかし、虫歯や歯周病が悪化して、もしくは外傷によって歯を失ってしまうことはあります。そんなときに重要なのは、まず早めに治療を受けることです。歯が足りていない状態でも何とか噛むことはできると思いますが、力のバランスが崩れて、隣の歯が倒れてきてしまいます。そして、治療にはインプラント・入れ歯・ブリッジがあり、それぞれにメリットとデメリットがありますので、納得のいく治療方法を選んで頂ければと思います。また、歯を失ってしまったということは、何か原因があるということです。他の残っている歯を守るためにも、そしてせっかく治療した人工の歯を維持するためにも、しっかりと治療後のメンテナンスを続けていくようにしましょう。

当院のインプラント治療

インプラント治療とは

インプラント治療は、歯を支えていた骨に人工の歯根(これをインプラントと言います)を埋め込み、その上にセラミックなどで作った人工の歯を取り付ける治療方法です。他の方法と比べて、残った歯に負担をかけることなくしっかりと噛むことができ、さらに見た目もきれいに仕上がるというメリットがあります。一方で、口腔外科処置が必要で、費用負担が大きいというデメリットもあります。

インプラント治療が心配な方へ

インプラント治療にはリスクがありますが、大事なことはそのリスクを事前にきちんと見極め、無理な治療をしないことです。当院では、インプラントについてしっかりと勉強と経験を重ねてきた歯科医師が治療を行っており、当院での実施が難しいと判断した場合には、無理はせず、大学病院に紹介させて頂くようにしています。

「CT」「シミュレーション」「ガイド」で、さらに精度の高いインプラント治療を

必要に応じてインプラント治療前にCTでお口の中の状態を立体的に把握し、場合によってはどのようにインプラント治療を進めていくのかをシミュレーションしたり(i-cat)、そのシミュレーション結果通りに治療を進めるためのガイドを作成したり(サージカルガイド)しています。患者さんによって必要性は異なりますので、全員に一律で適用するのではなく、よく話し合った上で必要があれば取り入れるようにしています。

足りない骨を補う処置も

インプラント治療では、人工歯根を骨に埋め込むため、顎の骨に十分な厚みと高さが必要です。ただし、当院ではソケットリフトやGBRといった方法で足りない骨を補う処置も行っていますので、他院でインプラント治療を断られた方も、一度ご相談にいらして頂ければと思います。

当院の入れ歯治療

入れ歯とは

入れ歯は、ご存知の通り、人工的に作られた歯とそれを支える床(土台)をお口にはめ込む治療方法です。広く普及している方法ですが、痛み・違和感・噛む力などで悩んでいる方は多く、中にはせっかく作ったのにあまり使っていないという方もいらっしゃるようです。

まずは保険適用の入れ歯を

入れ歯には、保険が適用されるものと、素材や装置によって工夫されている自由診療のものがあります。当院では、まずは保険診療の入れ歯をお作りし、どういった不具合が出るか、どこが気になるかなどを把握していきながら、必要があればその後に自由診療の入れ歯をお作りするようにしています。せっかく作る入れ歯を長く快適にお使い頂くためにも、まずはしっかりと患者さんのお口を知ることを大事にしています。

様々な入れ歯の紹介

入れ歯には、様々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。当院では患者さんにしっかりと説明した上で、納得できるものお選び頂くようにしています。快適な入れ歯や目立たない入れ歯にご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

入れ歯には金属製のバネが付いており、残っている歯にそれを引っ掛けて固定します。しかし、お口を開けたときにそのバネが目立ってしまうというデメリットがありました。ノンクラスプデンチャーは、そのバネがないため、お口を開けても入れ歯を使っていることが目立ちません。

ホワイトクラスプデンチャー

バネを取ってしまうと耐久性が落ちるため、バネは残したまま白く目立たないようにしたのがホワイトクラスプデンチャーです。

金属床デンチャー

床(土台)が金属を使用することで、薄くて丈夫な入れ歯が実現できます。また、金属は熱を通しやすいため、飲み物や食べ物の温度まで味わって頂けます

マグネットデンチャー

磁石を取り付けた入れ歯です。歯の根っこに金属を埋め込むことで、磁石の力を使って装着できるようになります。

O-リングアタッチメントデンチャー

「パチン」とはめ込む部品をお口の中に埋め込んでおくことで、入れ歯をしっかりと固定できるようになります。

ミニインプラントオーバーデンチャー

通常よりも小さなインプラントを歯茎の上から埋め込み(通常のインプラントは歯茎を切開して埋め込みます)、そのインプラントを支えにして装着する入れ歯です。

 

 

診療予約 一般歯科 小児歯科 歯周病治療 予防歯科
審美歯科 矯正歯科
インプラント 入れ歯 口腔外科 顎関節症
インターネット診療予約